Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



(社)東京都宅建業協会/不動産「ハトマークネット」のクラウド型再構築を決定! (株)セールスフォース・ドットコムと調印  

【物件入力・Web掲載】にはAdobe Airを使用/SEO対応でアクセス拡大



会員の業務(追客や管理)を「セールスフ

ォース」で支援!



■新ハトマークネット構築作業スタート2011年03月03日
『私の感じたこと』/練馬区ラビットホームズ・岩崎和夫社長のブログから
http://goo.gl/NLM2b


東京宅建/新ハトマーク(会員の業務イメージとシステムの関連)






〔拡大図はこちら http://goo.gl/8hSF8


問合せ管理ではWebから発生した問合せ情報が各不動産会社に自動で送られ、その対応履歴などを管理することができる。見込み客管理もここで行う。顧客管理ではそのお客様がどのような物件を希望しているかを一覧することも可能。


(社)東京都宅地建物取引業協会は、2月22日に開いた理事会で、同協会が運営する物件サイト「ハトマークネット」の再構築を決定。

今秋オープンを目標にしてリニューアルを行なう。




上記を受けて、(社)東京都宅地建物取引業協会(池田 行雄会長)とその会員で構成される東京都不動産協同組合(理事長:池田 行雄氏)は2月28日、

「クラウド型物件情報システム」の構築について(株)セールスフォース・ドットコム(東京都港区、代表取締役社長:宇陀栄次氏)と調印した。



2月28日に、東京・飯田橋の東京都不動産協同組合で行なわれた調印式(左から順に)


IMG_1465.JPG

東京都不動産協同組合・情報事業委員長 飯野郁男氏
東京都不動産協同組合・専務理事 棚部 重夫氏
(社)東京都宅地建物取引業協会会長・池田行雄氏
(株)セールスフォース・ドットコム 執行役員・福田康隆氏
(株)セールスフォース・ドットコム ディレクター・千葉弘崇氏

IMG_1461.JPG


会員向けの新たな物件情報システム(仮称:新ハトマークネット)の構築は、同協会・同組合で先議されていたもの。

現行の「ハトマークネットは、消費者が望むものとはズレが生じてきている」(東京都不動産協同組合・棚部 重夫専務理事)ことなどを解消するために、(1)消費者ニーズに即した情報提供(消費者の利便性向上と目的の達成)、(2)将来のニーズ変化に即応できるシステム、(3)反響率の向上、(4)会員の営業支援――などを目的に、今年9月の稼動を目指して、クラウド型のサイト構築を進める。


これまでの「ハトマークネット」(「サーバー型」)がシステムの改定やリニューアルなどに多額の費用が必要となるサーバーをホスティング(専用利用)していたのに対し、新システムは、時代のニーズや会員・ユーザーの要望に合ったサービスを適宜に組み合わせて随時ネットワーク上から利用できる「クラウド型」とする。

新システムでは、クラウドサービスのプラットフォームとして世界的に定評のある(株)セールスフォース・ドットコムと連携することで、Webの(1)物件検索サイト機能だけでなく、会員支援ができる(2)賃貸物件管理システムや(3)顧客管理(応接)機能――なども実装する。

システム開発費は、約3,200万円。


スケジュールとしては、同組合内に設置した4つのワーキンググループ(.汽ぅ塙獣朖登録システムJ件管理ち躪膣浜=事務局の設置)で今後、3〜8月にかけて具体的なシステム構築とテストを行ない、6〜8月の会員への研修を経て9月にもオープンさせる予定。



無題1.PNG



調印式後に行なわれた記者会見での各氏のコメント


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都不動産協同組合 情報事業委員長
飯野 郁男氏



不動産情報サイトは、消費者にとって物件を選択する際の入り口として重要な機能を果たしており、役割が飛躍的に高まっている。
現在、消費者の大多数が明確な目的を持って、ごく当たり前のツールとしてインターネット(Webサイト)を使う時代になりました。
また、インターネットを活用した物件情報取得のための手段が、今後一層、最新モバイル機器の使用へと進むことが予想される。

私ども、都宅協としては、時代にマッチした、より効果的な、かつ消費者のニーズに則した形で、正確な情報提供をさせていただくために、今回、将来のニーズの変化に即応できるクラウド型物件情報システムを新たに導入することを選択しました。
消費者が必要な情報を素早く入手でき、さらに目的が達成できることを最優先に考えた、消費者視点のWebサイトの構築を目指します。

新システムの稼動については、3月より具体的なシステム構築とテスト、また、研修作業を行ない9月には、お披露目したいと考えております

具体的には、情報事業委員会の下に、.汽ぅ塙獣朖登録システムJ件管理ち躪膣浜(専任の事務局/4名で構成)――の専門委員会(ワーキンググループ)を4つ置いて作業を進めていく。

導入後は、会員の営業支援ならびに、消費者の利便性向上に必ずつながると考えています。

サイトの構築では、消費者目線が一番となる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都不動産協同組合 専務理事
棚部 重夫氏



これまでのハトマークネットは、消費者が望むものとはズレが生じてきている。しかし、これまでのシステムに慣れている会員も多い。順次、会員がレベルアップをして使えるようにして行きたい。

サイトの信頼を得るためには、会員が売主・貸主から直接預かった物件だけを載せる。そして、物件(情報)確実な管理して、成約事例などもサイトに蓄積して行きたい。

今回、セールスフォースの力を借りて、外部のサーバーを使ってコスト削減を図りながら、クラウド型のサイト構築ができるのは、時流でもありラッキーだといえる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(社)東京都宅地建物取引業協会 会長
池田 行雄氏



サイトの構築は、協会と組合が連携して進め、組合の事業を協会が後押しする形になる。
今回の調印は建物で言えば“スケルトン契約”のようなもので、どのようなサイトにしていくのかは、今後の作業にかかってくる。

私としては、農協直販型のような不動産業版を目指したいと考えている。サイトは会員の業態からいって、賃貸物件がメインになるだろう。そして、身の丈の物件数で信頼のあるものにしていきたい。会員のためには、反響がもらえるサイトにしていかなければならないだろう。

直販型というのは、会員が登録(物件)内容に責任が持て、中身の濃い自社(および元付け)物件しか登録できないということだ。

こうした物件を集約していくことで、賃貸市場の精度の高いマーケティング(データの集積)も可能となる。

利用料金については、当面無料になると思うが、成果が上がるようになってからのことは今後の研究課題としたい。

ハトマークネットは現在、東京・千葉・埼玉が連携しているが、行く行くは他協会にも利用を呼びかけ、今回のお手本が軌道にのれば、旧サイトは消滅ということになるだろう。


詳細は、『不動産業戦略e-REVIEW』2011年4月号掲載となります!



http://www.fdj.com/fdj2/


『不動産業戦略 e-REVIEW』
▼2011年3月号/目次

http://www.fdj.com/fdj2/back_no_10.html#201103


JUGEMテーマ:ビジネス


| 不動産・住宅ニュース | 04:55 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/10046
トラックバック
新ハトマークネット構築作業スタート
東京都不動産協同組合主導で進められている不動産情報サイト「仮称:新ハトマークネット」は、2月28日に制作側のセールスフォースその他と正式調印し、同時にプレス発表を行い、本格的に始動することが正式に決定しました。 ○不動産流通研究所のプレス発表記事
| 私の感じたこと | 2011/03/05 2:30 PM |
SalesforceのSNS Chatter
東京都不動産協同組合主導でスタートした新ハトマークネット構築作業。 30名近いメンバーの情報交換用に制作会社(セールスフォースドットコム)が用意してくれたのが「SNS Chatter」 初めて接し、初めて使う情報ツール。 今日初めて使い始めたばかりなのでまだほん
| 私の感じたこと | 2011/03/05 2:30 PM |