Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



研究者の視点:情報の完全透明化の始まり - スマートフォンのなぜ・いま・これから:ITpro

研究者の視点:情報の完全透明化の始まり - スマートフォンのなぜ・いま・これから:ITpro



世代で異なる情報発信の考え方



相対的だが、40代、50代になると情報発信に対する懸念がある。企業の中でも、40代、50代の人々における企業の情報発信に対する考え方と、20代の人々における情報共有や情報に対する意識はまったく違うと思う。意識の違いに世代が関係するのは、築いたものがある人はできるだけ情報を出さない、といった態度になることが多いからだ。これから挑戦する人たちはできるだけ透明で情報共有してもらいたいという意識が高い。

40代、50代、そして30代中盤もそうだと思うが、この世代は自分の情報を日常的に発信したことがない世代。10代、20代は、自分の情報を発信したり、相手の情報もそれを通じて入手したりするのが当たり前の世代。逆にそうしないとコミュニティーに参加できなくなり、日常的な付き合いができなくなる。発信することがデフォルトになる。


今はパラダイムが変わる初期段階であるため……。



スマートフォン普及の背景にあるパラダイムを構成する要素は三つある。まず「スマートデバイス」の登場。スマートフォン、タブレットだけでなく、スマートテレビ、そしてパソコンもそのなかに含まれるだろう。

次に「モバイル」が前提になること。もちろん家でパソコンを使うこともあるが、外でネット環境に接続しているのが当たり前になりつつある。パソコンだけで完結するようなサービスだとユーザーを引き付けられない。サービスに対するスティッキネス(「一度くっついたら離れない」の意)を考えるとモバイル対応はデフォルトになる。

三つ目が「ソーシャル」。TwitterやFacebookといったソーシャルメディアが主流になってきている。これもスマートフォンの利用を促進する要因だと思う。ユーザーがネットを使う時間のなかで、Googleでの滞在時間より、Facebookでの滞在時間のほうが長いという統計も米国で出ている。ソーシャルメディアがデバイスを手放せなくした。

デバイスは家だけでなく、外でもつながるようなシームレスコネクションが求められ、さらに、マルチメディアを扱えて様々なサービスを使えるようなスマートなものでなければならない。

スマートフォン普及の背景の流れはこのようにまとめられるだろう。


JUGEMテーマ:ビジネス


| 不動産・住宅ニュース | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/11336
トラックバック