Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



〔野村総研〕実現段階に入ったリアルとネットの融合 [PDF]

〔野村総研〕実現段階に入ったリアルとネットの融合[PDF]


http://www.nri.co.jp/opinion/chitekishisan/2012/pdf/
cs20120206.pdf


実現段階に入ったリアルとネットの融合〜「オンライン2オフライン」によりサービス業が提供すべき新しい価値

著者名:石綿昌平, 田中大輔, 伊部和晃, 木ノ下健 (野村総研)


1.「オンライン2オフライン(Online to Offline:O2O)」とは,狭義にはインターネット(オンライン)を利用して消費者を実世界(オフライン)へ送客するビジネスモデルを指す。広義には,オフラインにしか存在しなかった情報をオンライン化することで生まれるビジネスモデルや事業環境の変化全体を指す。

2.こうした「リアルとネットの融合」は,これまでにも類似の概念はあったが,昨今のスマートフォンの急激な普及とソーシャルメディアの浸透により,O2Oという形で実現し始めた。

3.O2Oでは,オンライン化されたオフライン情報をもとに,消費者を商品やサービスに送客し,購買・利用させたうえで,さらにその情報を共有し,リピートにつなげるという新しいマーケティングモデル「ARASL」が出現する。このモデルは「Reach:送客」と「Loyal:再利用」の実現が重要となる。

4.リアル店舗での購買でも,インターネットで事前に情報を収集する例はよくある。O2Oはこうした購買行動から取り込んでいく。潜在市場規模は20兆円である。

5.O2Oで大きく変化するのはサービス業である。既存サービス業がEC(電子商取引)を活用した新しいマーケティングやビジネスモデルを展開する。既存の小売店舗も単なる商品販売ではなく,接客などサービス面の付加価値を押し出していく。これまでと異なる業態の企業やプラットフォームが登場する。上述の20兆円市場を取り込むこのプラットフォームの競争が始まる。


JUGEMテーマ:ビジネス


| 不動産・住宅ニュース | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/12113
トラックバック