Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



企業ソーシャル浸透のカギとは?コラボレーション曲線のほうが有効

過度な目的思考や強制利用は避けるべき 企業ソーシャル浸透のカギとは? (1/2)


企業がソーシャルメディアを活用する上で注意すべきポイントなどは何か。事例を交え、その勘所について、アクセンチュア 経営コンサルティング本部 人材・組織マネジメントグループ シニア・プリンシパルの作佐部孝哉氏に聞いた。

[伏見学,ITmedia]

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1309/17/news061.html

経験曲線/過去の知識にしがみついても高価値は出ない

実際、ハイパフォーマーの43%は、何か聞きたいときにすぐに質問できる人が10人以上いると答えているのに対し、標準的なパフォーマーは23%しかいませんでした。

またハイパフォーマーの多くは、自分の知識や経験を人に伝えたり、共有することで、自分の考えが洗練され、透明性が増していくのを実感し、自分のためにもなると考えていることも特徴です。

これは2つの変化を示しています。1点目は、知識や情報のコンビニ化(いつでも、どこでも、誰でも知識に簡単にアクセスできる時代)においては、過去の知識にしがみつき、そのストックで勝負していても高い価値を生み出せないということです。むしろ情報や知識のフロー(流れ)を構築し、パーソナルな人的ネットワークを築けている人のほうが高い成果を残せるのです。

2点目のほうが重要で、誰でも知識にアクセスしやすい(知識そのものでは価値を生めない)ということは、キュレーションの仕方とか、アレンジの仕方で価値を出していくことが求められるのです。そのアレンジの幅を広げるためには、個人でコツコツと積み上げる(経験曲線)よりも、周りの人とのネットワークの広がりによって向上する(コラボレーション曲線)のほうが有効であるということです。

Google/コラボレーション曲線
http://goo.gl/KTZ6IS

JUGEMテーマ:ビジネス


| 不動産・住宅ニュース | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/13559
トラックバック