Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



2014−15 インターネット不動産業の基本戦略(2014年5月6日修正版)

2014−15 インターネット不動産業の基本戦略(2014年5月6日修正版)

2014年6月号・7月号/連載【上】【下】

【試論 文章・追加版】 2014−15 インターネット不動産業の基本戦略
http://fudou3.jugem.cc/?eid=14137
2014.03.08 Saturday
author : fudou3(浅見貞男/Homeseeker)

2014−15 インターネット不動産業の基本戦略

【2014年5月6日修正版】
(2014年3月8日 試論 文章・追加版)から 

 インターネット不動産が、ブロードバンド時代の到来によって、大検索(時代)への挑戦として2001年にスタートしたのだとしたら、今年2014年はそれから13年が経つ。 
 
 この間、2006−07年には、インターネットが1995年に実用かされてから登場したWebサービスを"総まとめ"にしたWeb2.0(従来Web上で提供されてきたサービスやユーザー体験とは一線を画する、新しい発想によって捉えられた、技術、サービス、デザインパターン、ビジネスモデル、 Webのあり方などの総称=「Web2.0の意味 - 英和辞典 Weblio辞書」から)と呼ばれた改革の大波があった。
 
 これと同時に、インターネット不動産も検索時代からWebサービス強化時代へと移行し、今は基本的にその延長線にある。 

 そこにやってきたのが 「スマホ・タブレットへの対応」と「ソーシャルメディアの遊泳」という新しい課題である。ここで、求められているのは、「消費者に対する情報発信の強化」である、と言えるでしょう。


2014−15 インターネット不動産業の基本戦略
2014年6月号/連載【上】



◎不動産業サイトは、「きれいなWeb」だけでは戦えない!これからは、物件情報だけでなく 
〔私からあなたに〕価値の提供を


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プラットフォーム(経営基盤)の確立に向けて/3つの強化を 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これからは、物件情報だけでなく 〔私からあなたに〕 価値を提供
キーワードは、 崔楼萍着の強化」と◆峺楜厂着の強化」 
そして、「消費者に対する情報発信の強化」を!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔1〕集客/オムニチャネル(全方位の顧客接触)へ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「消費者に対する情報発信の強化」を!/そして、顧客へ提供する価値の
最大化を! 
(今後の経営にとっても、最も重要なテーマになってくるでしょう)
■SEO(その真髄は「ユーザーに価値あるサイトを運営する」こと)
からオムニチャネル(全方位の顧客接触)へ
■リアル(店舗)+ネット(Web)の両輪で
■不動産を探している人の半数以上が、スマホ・タブレットで閲覧
■ソーシャルメディア・アプリへの対応
■店舗そのものの見栄え向上も!

不動産業(仲介)のプラットフォーム(経営基盤)は、中小の立場から見た場合、「地域密着の強化」と「顧客密着の強化」による存在感だといえるでしょう。
そして、「消費者に対する情報発信の強化」を進めていくことが重要になるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔2〕◎物件から「不動産業者選び中心」の部屋探しに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■これからは「物件選び中心」から、「不動産業者選び中心」の部屋探しに
(自分情報の発信をどうするか)
■レスポンシブWeb対応の物件検索を/デバイスごとに最適サイズなど
自動的に表示!
(パソコンやスマートフォン、タブレット端末など複数の機器や
画面サイズに対応させる)
■自社に合った個性的な物件探しのカテゴリーを設定
■写真・動画でプレゼンテーション
■不動産の物件案内をiPadでスムーズに!
■SNSへの投稿

お客様の「不動産業者選び」にあたって中小が提供できる強みは、大手やポータルでは叶わない  崔楼萍着」と◆峺楜厂着」である。

 崔楼萍着」というのは、住んでいなければ分からない情報(例えば「街ガイド」など)の提供ができること。
◆峺楜厂着」というのは「あなたの私」というような個人エージェント的な立場の表明。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔3〕新しくなる【大手のサービス】の特徴/その行方
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここで、そうした中小の特徴に対する【大手のサービス】と【その特徴】をみておくと、以下の諸点があげられるでしょう。

【大手のサービス】
‐霾麥漫癖件)が豊富である。
∧歉擇覆匹離機璽咼垢完備。
0堕蠅靴深勸の質(営業のレベル)

【大手の欠点】
ー勸の移動が多く地域に密着していない。
店長や社員の店への愛着が不足。

そんな大手の不動産サイトにもいま大きな変化が……


2014−15 インターネット不動産業の基本戦略
2014年7月号/連載【下】


◎さらに進む不動産Webの機能/個人・自分をどうPR(表現)したらよいのか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不動産業界もコンテンツマーケティング時代に/不動産業界のコンテンツマーケティングのあり方とは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカでは、不動産会社がコンテンツマーケティングを取り入れる事例が増え始めている。

誇大広告や強引な売り込みによってではなく、「顧客が求める情報を提供して、彼らの側から近づいてきたくなるような会社になろう」というコンセプトの下、顧客にとって有益なコンテンツを制作しているのだ。


不動産業界もコンテンツマーケティング時代に/不動産業界のコンテンツマーケティングのあり方とは?
http://fudou3.jugem.cc/?eid=14486
2014.05.04 Sunday
author : fudou3(浅見貞男/Homeseeker)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔4〕営業では/個人・自分をどうPR(表現)したらよいのか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ネット不動産の奥義!/丸裸になってサービスの裏側(仕組み)を公開
■基本になるのは、メール営業(最初の応接からクロージング/その後まで)
■サービスの仕組み(メール営業、希望条件登録など)をユーザーに訴求
■「自分DEMO」/個人・自分をどうPR(表現)したらよいのか
(ブログ・動画・ソーシャルメディアでの情報発信)
■「みなさまの声」の紹介をどうするか

営業を取り巻く環境は、インターネットの発達などにより、ここ数年で大きく変化している。また、マーケットの変化に伴い営業スタイルは「顧客本位の営業」という流れに変化しつつある。
そうした変化のポイントは、不動産業(仲介)から見た場合、次の3点にまとめられるでしょう。

.ぅ鵐拭璽優奪箸糧達により営業とお客様との間で情報量の違い(かつては、売主・営業の持っている情報の方が圧倒的に多く、「情報の非対称性」という問題が指摘されていた)が無くなりつつあること。
⊂ι覆筌機璽咼垢各社横並び(特に大手の場合に目立つ!)で差別化が難しくなっていること。
また、お客様のニーズそのものが非常に複雑になっていること。

したがって、そうした変化の中での「営業とは何か」といえば、「お客様に価値を提供できるかどうか」が本質的に求められているといえるでしょう。

それでは、「お客様に価値を提供でき営業」=「顧客本位の営業」とは、どのようなものなのでしょうか。
「顧客本位の営業」とは、「顧客が気づいていない課題に気づかせてあげる営業」「顧客の課題解決を常に考えてあげる営業」ということになるのですが、不動産業(仲介)から見たポイントは、どのようになるのでしょうか。


★「自分DEMO」/個人・自分のPR(表現)は、ブログ・動画・ソーシャルメディアなどで多面的に発信を!

★ソーシャルメディアの利用では、フェイスブックやメルマガより断然ブログの方がいい
http://blogos.com/article/81665/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フェイスブックとメルマガは基本クローズド。見る人が限定される。このため自分の存在価値を知らしめる機会が限定され、結果、ビジネスチャンスも限られてしまう。フェイスブックやメルマガは既存顧客とのつながりを深めるには役立つが、新たなビジネスチャンスは生み出しにくい。

しかしブログは誰もが見れるオープンメディア。だからまったく知らない人が見て、ブログがきっかけで仕事の依頼がくるなど、ビジネスチャンスの広がりがフェイスブックやメルマガとは格段に違う。いわばブログは新規顧客開拓の最強のツールといえる。だからブログの方が断然いい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔5〕持続可能な経営基盤の確立はオリジナル営業で!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■システム「ソフトウェア」の導入で作業のルーチン化とルール化
(仕事の標準化)を
■持続可能な経営基盤の確立/継続(再現)出来る体制とは
■オリジナル営業
(得意分野の開拓・強化を)]
■営業(社員)を支援する店舗体制(経営姿勢)に
■従業員教育の充実(マナー・躾から)
■「地域密着の強化」では中・長期的な地域活動も必要

自力で経営を継続(再現)出来る体制を固められない場合は、システム「ソフトウェア」の導入で作業のルーチン化とルール化(仕事の標準化)を進め、持続可能な経営基盤の確立を図っていくことが基本として必要になるでしょう。

そして、得意分野の開拓・強化でオリジナル営業を進めていくことが、今後の中小不動産業(仲介)経営の「無理のない姿=余裕の形」だといえるのかもしれません。

http://fudou3.jugem.cc/?eid=14486
2014.05.04 Sunday
author : fudou3(浅見貞男/Homeseeker)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔6〕今後の〔時代変化〕に企業が生き残る!2つの道
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■〔時代の変化〕企業が生き残る!2つの道

,匹鵑匹鷽覆犁蚕儚弯靴棒擇蟾む
▲宗璽轡礇襯瓮妊アの賢い遊泳術


大きく舵を切っていく時代の中で/不動産業を含めてそのトレンドをみておく!
http://fudou3.jugem.cc/?eid=14493
2014.05.04 Sunday
author : fudou3(浅見貞男/Homeseeker)


JUGEMテーマ:ニュース


| 不動産・住宅ニュース | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/14499
トラックバック