Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



これからどう動く?〜不動産市場の推移を徹底予想

J-REIT(Jリート)、これからどう動く?〜J-REITの推移を徹底予想〜


2014/09/20 in 不動産, 不動産動向, 国内市況
http://zuuonline.com/archives/19576

不動産を賃貸して得た利益を分配金として受け取ることができる金融商品「J-REIT」は、アベノミクスによる期待感を背景に不動産取引が活発化し、7月末には時価総額が8兆6200億円と月末ベースで過去最高を更新しました。

■日本の人口動態、2015年以降東京圏でも減少へ
民間シンクタンクの調査によれば、日本の人口は少子高齢化の影響もあり、2010年をピークに減少しはじめ、65歳以上の人口も2040年以降は減少に転じると予測しています。それに伴い東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の人口も2015年をピークに減少するとされ、東京都では中央区、江東区、港区の湾岸3区でのみ中長期的に人口が増加すると考えられています。


■オフィス市場、東京と地方で回復に差、2017年には都心3区で大量供給も
オフィス市場ついて見てみましょう。現在、日本の賃貸オフィス市場には約9400万平方メートルのストックがあると言われていますが、その6割は東京23区に集中しています。2008年に起こったリーマンショックの影響などで、東京オフィス市場の年次空室率は8〜10%台になるなど高水準が続いていましたが、ようやく2013年になって下がり始めました。特に渋谷区や千代田区では5%台まで低下してします。今後は需給がさらに引き締まり、賃料の上昇に期待が寄せられます。

 東京23区では2012年に延べ床面積1万平方メートル以上の大規模オフィスビルが32棟も完成したため、2013〜2016年は相対的に供給量が少なくなりましたが、2017年以降は都心3区(千代田・中央区・港区)を中心に再び大量供給になる可能性があります。少子化などの影響によるオフィスワーカーの減少が目前に迫る中で、地方のオフィス市場は依然として空室率・賃料とも改善の兆しが見えないことから、需給のバランスを見極める必要がありそうです。


■住宅市場、家賃減少も回復傾向、リート組入物件なども好調続く
住宅市場についてはどうでしょうか。全世帯の居住形態割合を見てみると、6割が持家、4割が借家となっており、借家の中でも賃貸マンションに住む割合は6〜7割を占めるまで増加していることが分かります。1991〜2013年における新規住宅(持家、貸家、給与住宅、分譲住宅)着工戸数は、1996年には160万戸を突破していましたが、それ以降は減少または微増となり、サブプライム問題があった2007年と、リーマンショック翌年の2009年は大幅な減少となりました。2009年以降の着工戸数は毎年増加し、回復傾向にありますが、消費増税による駆け込み需要が見込まれた2013年でさえも、100万戸には届きませんでした。

 家賃は民営借家の場合、2000年あたりまで上昇傾向にありましたが、2000年以降はゆるやかながらも減少の一途をたどっています。借家の直近の空室率は、東京全域で上昇傾向にあるほか、札幌や福岡といった地方の主要都市でも15%前後の空室率です。


■商業・物流施設・ホテル市場とも好調、ヘルスケアリートの新規上場も

最後に商業・物流施設・ホテル市場について見てみたいと思います。商業施設ではリーマンショック以降、大規模小売店の新規出店は大きく落ち込みましたが、2009年に底打ちしてからは、右肩上がりで回復傾向にあります。イオンモールや三井不動産といった大手商業デベロッパーは2014年度以降も各地で大型案件を開発する計画を表明していますが、一方で、競争力の低い商業施設は撤退・衰退していくことが予想されます。

物流不動産市場はインターネットなどを介して行う電子商取引(EC)の隆盛により、全産業で物流量が増加し、2018年度にはEC市場は20兆円に達すると見られています。三環状道(圏央道、外環道、中央環状線)の開通を見越した外資系の物流デベロッパーや日系総合デベロッパーの沿線開発も盛んで、J-REITによる物流施設の取得も積極的に行われています。リーマンショック以降、悪化をたどっていた空室率も改善され、賃料の上昇が期待できる状態まで回復しました。


JUGEMテーマ:ビジネス


| 不動産・住宅ニュース | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/15594
トラックバック