Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』
編集長 不動産ブログ日記

不動産・住宅産業のBlog・ウェブ活用ガイド/ネット戦略の未来を探る!
ソーシャルメディアが大爆発/ウェブ世界を疾走せよ!


http://www.fdj.com/all_guide/

Mobile Edition/Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』編集長日記 http://mippin.com/mippin310039



私を Share/Bookmark して下さい
(←クリックしてみて下さい)






地域密着型不動産業をReデザインするリデアラボ NEW! NEW! NEW!



拍手元付・仕入れ客付作戦





ブローク 不動産 ブログネットワーク



FDJ社 Alliance

不動産データアンドジャーナル社

入間市の春を行く!/野に咲く花



只今の時刻
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS



ソニーはなぜ不動産業を始めたのか? 不動産流通革命に挑む改革者たち

ソニーはなぜ不動産業を始めたのか? 不動産流通革命に挑む改革者たち


単行本 – 2014/12/20
http://goo.gl/SSDsXr


茂木 俊輔 (著), 日経BPビジョナリー経営研究所 (編集)


消費者利益の追求 ――不動産流通市場に「公平性」「合理性」「高品質」という「新しさ」を持ち込む

「サービスに満足」「知人に紹介したい」が94.8% ソニー不動産・顧客満足度の秘密に迫る

2013年12月。ソニー本社20階、いわゆる「役員フロア」の一角にある十時裕樹の執務室に、
2人の男が緊張の面持ちで座っていた。後にソニー不動産の社長になる西山和良と
サポート役であった竹中重人だ。「ソニーによる不動産業への参入プラン」を、
かつてソニー銀行を設立し、その当時ソニー本体の新規事業創出も取り仕切る役員である
十時に対して、今まさに説明を始めるところであった。


「なぜソニーが不動産業を始めるのか?」


2014年4月、ソニーが不動産業への参入を発表すると、本業であるエレクトロニクス事業の立て直しが急務のなか、「ソニーの迷走」ではないかと、真意を疑う声が相次いだ。

2014年8月の業務開始以降、予想以上の反響と問い合わせがソニー不動産には寄せられている。
そして、8月から11月までにサービスを利用した顧客のアンケートでは、「サービスに満足」「知人に紹介したい」と回答した人が94.8%に達したという。
なぜ業界後発のソニー不動産が、これだけ注目されるとともに、顧客の心をつかむサービスを実現できているのか?

その秘密は、ソニー不動産が不動産業界に持ち込んだ「新しさ」と改革者たちの「志」にあった。

本書では、日本の中古不動産流通市場の現状と課題を解説した上で、ソニーが不動産業を
始めるにいたった理由に迫り、同社のビジネスモデルを解き明かします。
そして、それが日本の不動産業界に与える意味を考えます。

不動産業界に関わる方から、不動産売買を実際にお考えの方、さらには「ソニーがなぜ不動産業を?」
と率直に感じた方に読んでいただきたい1冊です。


内容(「BOOK」データベースより)

大手の査定が2000万円台だった中古マンションが、なぜ3600万円で売れたのか。「サービスに満足」「知り合いに勧めたい」が94.8%に達するソニー不動産の秘密とは!


著者について


茂木 俊輔
1961年生まれ。85年4月日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。 建築雑誌「日経アーキテクチュア」、不動産雑誌「日経リアルエステート・東京」、 住宅雑誌「日経住まい図鑑」の編集記者を歴任。
2001年6月同社退社後、2年近い浪人期間を経て、03年4月フリーランスで文筆業を開始。「住宅・不動産」「まちづくり」「医療・介護」「経営」の各分野で雑誌・Web記事や書籍などの取材・執筆・編集を手がける。
JUGEMテーマ:ニュース


| 不動産・住宅ニュース | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fudou3.jugem.cc/trackback/16731
トラックバック